BtoP時代のコミュニケーションを支えるツールでありたい。Oneteamの目指すもの

August 10, 2018
コラム | Column

株式会社 Oneteam、CFOの山田です。今回はBtoP(Project)という考え方と「Oneteam」が目指すものについてお話ししたいと思います。

ここ数年で我々が働く環境は大きく変化しています。終身雇用制は崩壊して久しく、複業を解禁する企業も増えてきました。社外のメンバーと協働することも増え、旧来的な「会社」という括りはどんどん曖昧になってきているように感じます。

「どこの会社に所属しているか」よりも「何を目的としてどう働くか」が重要視される時代がくるのではないでしょうか。そんな時代を迎えるにあたって我々はどう働けばいいのか、Oneteamはその中でどんな役割を果たせるツールを目指しているのかをお話ししていきます。

仕事は「会社」ではなく、「解決すべき課題」に紐付いて発生する

旧来的な価値観の中では、どうしても仕事は「会社から与えられた作業をこなすこと」になりがちです。しかし、ご存知の通り単なる「作業」はどんどんAI・人工知能に置き換えられていくことが予想されます。ならば、これから人間がすべきなのは人工知能が代替できない仕事です。

人工知能が代替できない仕事をするために必要なものって何でしょうか。私は、「ビジョン」だと思っています。仕事を通して「これを実現したい」「世の中をこう変えたい」というビジョンを持つことは人間にしかできません。

仕事はもはや会社に所属していれば勝手に降って湧いてくるものではなく、自らのビジョンに基いて作り出したり積極的にジョインしていくものになります。逆に、ビジョンを伴わない漫然とした会議やスタンプラリーとも揶揄される煩雑な承認プロセスなどは減っていくでしょう。むしろ減らしていかなければなりません。

BtoPという働き方

仕事を単なる作業ではなく、ビジョンと目的を持った「プロジェクト」と捉えるのを「BtoP(Bussiness to Project)」と名付けたいと思います。企業ではなくプロジェクトに対して、能力やサービス・資金を提供する人が集まる、そんなイメージです。

仕事をすべてプロジェクトだと思えば目的意識を持って働くことができます。明確な目的があれば必然的にタスクの管理や納期はシビアになり、効果測定のための振り返りサイクルも回るようになります。

効率的に目的を達成するためには、社外の識者や能力保持者をアサインする比率も高まるでしょう。

会社という枠にこだわるのではなく、会社員・個人事業主問わず同じビジョンを持つ多くの人がプロジェクトに集まるようになります。

企業が企業と取引するのではなく、ビジョンをもったプロジェクトと取引する、資金を投下する。そうなると、これまでのような「外注さん」「下請け」という位置づけではなく、同じプロジェクトのメンバーとしてビジョンや目的を共有し、コミュニケーションをとるのが当たり前になっていくでしょう。

BtoP時代のコミュニケーションを支えるために

BtoPという形で働く人が増えれば、当然それに対応するツールやサービスもどんどん増えてくるはず。会社組織を最適化するサービス・ツールではなく、外部とも連携しながらプロジェクトを最適化し、目的を達成するためのツールが必要になります。ツールを開発する側も意識を変えていかなくてはいけません。

たとえば、BtoPに対応するビジネスコミュニケーションツールとして、Oneteamではイシュー(議題)ベースのコミュニケーションを採用しています。

プロジェクトに関わる人数が多くなれば、そこで交わされるコミュニケーションの量も多くなります。そうすると外回りや打ち合わせで席を外していた人が後から話を追うことが難しくなってしまう。プロジェクト内で発生するさまざまなコミュニケーションをイシュー別に切り分けることで、重要な議題・情報を追いやすくしているのです。

そうでもしなければ、プロジェクト内すべてのコミュニケーションが交錯して混乱してしまいます。イシューベースのコミュニケーションの重要性はこれからどんどん増していくはずです。

これからの時代、BtoPという形の働き方が増えてくると思います。ビジョンを同じくする多くのメンバーがプロジェクトに集うことになるでしょう。Oneteamは、組織と識者をつなぎプロジェクトの円滑化を実現できるツールでありたいと願っています。

Related Posts

料金・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください