Oneteam の正式版を公開しました

June 14, 2016
ニュース | News

2016-06-14 よりビジネスコミュニケーションツール Oneteam を製品版として ウェブブラウザ、スマートフォンアプリ (iOS / Android) での提供を日本語・英語版にて開始いたします。

「Oneteam」が解決を目指す課題

CEO 佐々木 が、リクルート在籍時、東南アジア複数ヵ国でプロジェクトを推進していた際に、様々なバックグラウンドを持つメンバーで組成されたチームから生まれる「アイディアの面白さ」を体感しました。

そこで得た、時間や場所が離れている環境における「情報共有と協働の難しさ」に直面した原体験から、Oneteam は、以下の課題を解決することを目指しています。

  1. 時間や場所を問わないスムーズな協働
  2. 各チームで分散した情報の集約 ※ 複数サービスとの連携を順次公開予定
  3. 各チームのコミュニケーションの見える化 ※ 2016年度内にリリース予定

Oneteam の特徴

会話の流れを追いやすく、過去の議論を検索しやすい

従来のメッセンジャーツールは、複数の内容が同一グループで議論されるため、外出や打ち合わせなどで閲覧できないときに、議論を後から把握することが難しい構造です。

Oneteamは、トピックごとにメッセージが蓄積されるため、議論の流れを簡単に把握でき、トピックごとに検索することができるため、過去の一連の議論を簡単に見つけることができます。

チーム内の会話が活性化する

シンプルに、リアルタイムにメッセージを送り合うことができるため、オンライン上で会話の量が自然に増えます。

これにより、チームの情報共有のスピードが加速します。

いつでも、どこでも、チームで働ける

スマートフォンアプリを使って、いつでも、どこでも、チームに必要な情報を確認しコミュニケーションができます。

時間や場所が離れている環境でも、チームでの生産性を向上することが可能です。

Oneteam の料金体系

9名以下の場合は、無料でご利用いただけます。10名以上の場合は、月額880円よりご利用いただけます。

また、製品版ローンチキャンペーンとして、2週間無料でお使いいただけます。

Oneteam の今後の展開

これまで、東南アジア諸国を中心に2,500 社以上の企業・団体様にご利用いただき、商品の改良を重ねて参りました。

今後は、メンバー間で気軽なコミュニケーションがとりやすい「ダイレクトチャット機能」、チーム内の情報の一元管理を目的とした「各種クラウドサービスとの連携」の開発を予定しています。

また、より多くの東南アジア諸国のお客様にご利用いただくため「ローカル言語への対応」を行い、2016年内に10万人の利用を目指します。

会社概要

会社名株式会社Oneteam (Oneteam Inc.)代表取締役佐々木 陽設立2015年2月3日所在地〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル5階福岡オフィス (新設)〒812-0038 福岡市博多区祇園町8-13 The company 内URLhttps://one-team.com/ja/

本件に関するお問い合わせ

広報担当 Email: info@oneteam.co.jp

Related Posts

料金・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください